« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の18件の記事

2006年11月30日 (木)

昨日の朝日新聞から

昨日の朝日新聞から

朝起きてテレビをつければ
最初に来るのは人が殺された、自殺した
政治家の二枚舌の話と言ったやれやれな話ばかり。

そんな中、最近新聞で良く読むのが
著名な人が自分の言葉で
いじめについて語るこのコーナー。
特に昨日の「のっぽさん」の話は良かった。
子供にも分かりやすいように
短い文で簡潔に書いてある。
さすが長年子供に向かって
仕事をして来た人だと感心した。
「一対一で嫌いと言うのは良いが
大勢で一人に言うのは卑怯です」
そのとおり!

もうひとつ
94歳一人ぐらしのおばあちゃんが
毎晩、子供、孫、ひ孫の数を思い出してから
眠るという話にもほのぼのとしてしまった。

やるじゃん、朝日新聞。

2006年11月28日 (火)

行くぞ~!行きた~い!

そろそろ忘年会の季節。

今年も数多くの修羅場をくぐり抜けることだろう。

そんな中、まず強敵(と書いて「とも」と読む)にメールしたのが
「池袋の猪木酒場に行かない?」

いろいろ見てみると
20時までは予約を入れられるらしい。
それ以降でも30分くらい待てば入れそうだ。

基本的にプロレス好きだし
酒も好きだし
一度は行ってみたい場所である。

こうご期待(なんのこっちゃ)。

2006年11月26日 (日)

いちょう舞い散る週末

Imga1317 去年も行ったが今年もカミさんの希望で
神宮外苑のいちょう祭りへ行ってみた。





Imga1314 まだ、ちょっと早いかな、という感じ。
でも、祭りは来週で終わってしまうので
行くなら早目がお勧め。




Imga1334 いろいろと店が出ているのだが
今回のお勧めはこの「ネイザンス」。
地味に出店していたし
ホットドックを350円で食べるのはちょっと・・・
と思っていたんだが、食べたらこれがうまい!
ウインナーの香りがちょっと違う。
僕としては今までに食べたことのない味。
「coming soon」と書いてあったので検索してみると
どうやらアメリカの企業で大食い大会をやっている?
あのホットドック屋さんのようだ。

Imga1340 もう一つお勧めは「ハウス食品」。
200円で的あてゲームをやっているのだが
これが非常にお得!
当たればこれだけもらえる!
推定価格1500円。
ただ、大人がやると無情にもハズレはハズレにされてしまうので
子供にやらせて強引にあたりをゲットするのがよろしい。

他にも沖縄や、狭山茶、名古屋、山形、など
いろいろ地方のおいしいものが出ているので
いちょうを見てから食事をするのがいいのではないだろうか。

Imga1319 Imga1320 Imga1321 Imga1337

♪七色の黄昏降りて来て~(意味なし)

金曜日は社内旅行幹事のお疲れさま飲み会。
先日もチラッと書いたが軽井沢へ行ってきた。
止まったところはリゾートトラストのエクシブ軽井沢
会員制のホテルなのでとてもきれい。

Ts2a0214 こんな幹事、いや感じ。
・・・といってもこの装飾はこの部屋一つだったので
女性陣が宿泊、僕は先に行った時写真を撮ったのみ(笑)。
僕としてはプールで思い切り泳げたのが一番。
まだ平泳ぎと背泳ぎはできたがバタフライは沈没(涙)。

Ts2a0207_1 紅葉の見ごろは1週間後と言われていたが
行ってみるとこんなにきれいなところもあった。
車から見える山もかなりきれいだし
僕としては大満足。

 
Ts2a0213 先に行ってイベント下見をしたおかげで
峠の釜めしもゆっくり食べられたし。
二日目はパターゴルフバーベキューもできて満足。
釣ったニジマスをバーベキューで食べられたのは良かったなあ。
もちろんビールも思い切り飲んだし(笑)。

061124_005_1 061124_004_1 で、金曜日は飯田橋の「好(よし)」という
もつ鍋屋に飛び込みで入店。
実はこの店
以前は「しゃぶ庵嘉悦」という店だった。
ランチしか食べたことがなかったが
変わってしまったとは・・・(涙)。
ボリュームたっぷりのチキンカツ定食は何処へ。

ま、値段はそれなりだが料理はおいしかった。
ほとんどが塩味でさっぱりしたものが多い
上の写真の豚肉と牛すじの煮込み(塩味)は絶品!

061124_002 061124_001 今回はビールだけでなく
「マッコリ」という韓国?のお酒を飲んでみた。
どぶろくのような味だが
それほどアルコールは高くなさそう。
ガンガン飲んだが翌日はなんともなかった。

さて、いよいよ忘年会シーズン。
幹事最後のお仕事になりそう。
店選びは頼みますよ、ジーヤさん(笑)。
ちなみにこの店は人数入らないので無理です。

2006年11月23日 (木)

奏は彼方へ

朝、ブログを打ってからカミさんを起こして話し合った。

問題点は二つ。
1.追加練習を入れられても出席は難しい
2.練習に出られない以上演奏のクオリティを現役に近づけるのは無理

これから練習回数が多くなって
懸命に練習している出演者の中に
僕とカミさんが中途半端に出て行くのは失礼だろう。
子供たちも一日学校にいるのも大変だろうし預けるところもない。

結論:出演を辞退する

借りていた楽器を持って自転車で母校へ。
顧問の先生は非常に残念がってくれて
できれば現役も一緒に演奏する3部だけでも出て欲しいと
ありがたい言葉をいただいたが
あと2回の練習でステージに上るのも中途半端。
遠慮させていただいた。
OBOG代表にも挨拶したが
もう曲目変更もできないし練習して
レベルを上げてステージに上りたいとのこと。
もちろんそれには全然異論はないので
迷惑をかけたことを謝って母校をあとにした。

今年ラストに「奏」が達成できそうだったが非常に残念。
次のチャンスを待つことにしよう。

そのとおり・・・なんだが・・・

今日は久々の練習日。
他に出演する友人と連絡を取ると
全体を仕切っている代表者からこんなメールが来ていると
転送があった。

(一部改)
~前略~
合奏を見て頂いている先生と相談の結果
今のままでは舞台にのせるには練習時間が少なく
厳しいとの判断に至りました。
しかし、本番まで1ヶ月をきっており
とにかく最善をつくして仕上げていくしかありません。
そこで、追加練習を取り入れることとします。
~中略~
今の時点で今回は全体的に心配事項が多く
OBOGも少し危機感を持って取り組まなければならない状況です。
ステージにのってお客様に聴いて頂く以上は
現役、OBOG関係なく、また責任を誰かに押し付けることなく
みんなが同じだけ苦労して演奏会を作り上げるべきだと思います。
~後略~

確かにそのとおり。
僕はついていくのがやっと。
カミさんは音を出すのがやっと。
とにかくステージに乗れればいいなんて軽い気持ちで臨んでいたが
今まで聞きにいっていた現役のレベルには到底追いつかない。
来場されるお客さまは県大会優秀賞の我が母校を聞きたいわけで
OBOGの演奏がどうしようもないのでは現役に申し訳ない。

思い出した。

第1回の定演の時、顧問の先生が
「OBOGもステージに上げたい、
曲目はOBOGが現役時代に演奏した
ウィーアーオールアローンをやる」と。

定期演奏会ができるようになったのも
OBOGがこの部を作り細々と演奏会を重ね
地道にやってきたおかげもある。
その先輩たちに報いることも必要だ。

OBOGがステージにあがることは異論はなかったが
今まで何度もやってきた曲をやることと
正直演奏のレベルではかなり?劣るOBOGが入ることに
抵抗を感じていた現役時代の僕。
練習に毎週参加すればいいのに
ある程度しか練習に来ないで一緒に演奏するのも
困るなあなんて考えていた。

卒業後、第2回定期演奏会でOBOGに声はかかったが
僕と部長をやっていた友人はステージには乗らなかった。
ま、僕は浪人していて気後れしたというのもあったが。

一緒にやりましょうという言葉を軽く考えて
今回の出演を決めてしまったが
毎週練習といわれても子供の世話もあるし
カミさんは家事もこなさなくてはいけない。

う~ん・・・。

2006年11月21日 (火)

メトロポリスの片隅で

メトロポリスの片隅で

研修に来てるガッちゃん。
新宿はあまり来ないのでちょっと緊張(笑)。

2006年11月18日 (土)

社員旅行

社員旅行

軽井沢に来てるガッちゃん。

2006年11月17日 (金)

明日のためにその1…風邪薬?

うぇ〜い、若いの。拳闘やってみねえか?
…意味なし(苦笑)。

明日から社員旅行。
我が課は幹事なのだが約半数が諸事情で欠席。
スケジュールも昨日やっと案内したところ。
準備不足の中、僕は昨日から具合が悪い。
会社のフロアでも咳込んでいる人や
休んでいる人もいるので流行なんだろう。
しかも、雨男全開で日曜は雨らしい(笑)。

人事部にいた頃は休みを使ってまで
宴会をするのが嫌で欠席していた。
今の部署に来てからはなぜか行くのが苦痛でもなく
ほとんどの年に出席している。
去年は法事で行かれなかったので
今年は幹事ではあるものの楽しみたいと思っている。
風邪で酒も飲めないんじゃツマらないので
今日は風邪薬を飲んでマスクをして
明日のために備えている所。


ジョー!立て!立つんだジョー!…
…意味なし(爆)

…ハタ坊だじょー。

…熱でうなされてるかな?

2006年11月15日 (水)

強く…なりたい…

昔見たUWFの番組の中で
藤原組長が夢を聞かれて答えた言葉。
あれほど強い人でも、もっと強くなりたいと
思っているんだと、驚いた。

相変わらず朝テレビをつけたら
真っ先に飛び込んで来るいじめ、自殺のニュース。
新聞を見ると、識者がもっともらしいことを言っている。
もちろん、その意見に反対する気はない。
間違っているとも思えない。

ふと、僕が思い出したのがタイトルの言葉。
識者と別の視点から考えると
自分が強くならないといじめは終わらないと思う。

強くなる。
いろいろな強さがあるだろう。
僕が思うのは
集団の中でも孤独でいられる強さ
何をされても動じない強さ
やられたらやり返せる強さ(残念ながら)
そんなところだろうか。

学校は嫌でも集団生活を強制される。
クラスの中でもさらにグループ分けがあったり
またそれが自分達で決めなくてはならなかったり
クラスに溶け込めない人には地獄の思いだ。
仲良しが固まっていくつかのグループができた後
余り者として付け加えられる苦しみは
僕も何度か味わったことがある。
いつしか
「ここは俺の場所じゃない」
と割り切って、部活や他の集まりを楽しみに
教室では一人でいられるようになった。
休み時間の教室では本を読んだり寝ていたり
自分一人でいられる工夫をした。
意外と一人でいると誰かが寄って来ることもあり
その人を友人としてクラスに居場所ができたことも
それなりにあった。
部活と違っていろいろな趣味嗜好のある教室は
集団の中の孤独に耐えることも必要だろう。

いじめられて苦しい思いをするのはみんな一緒。
いじめる方もやられている人が
苦しむのを見て楽しんでしまうのだと思う。
やられている方が動じなかったり
嫌なものは嫌とやり返せれば理想だが
実際はそんなに甘いものではないと思う。
だとしたら、自分が強くならないと
その場では誰も助けてはくれない。
強くなるにはどうしたら良いのか
それは人それぞれだが
ケンカに強くなるとか
拠り所をみつけて精神を鍛えるとか
やるしかないだろう。

アルフィーの歌の歌詞にあった言葉。
「孤独だってお前の明日へのエネルギー」
確かに孤独に耐えたことは
今の自分には役立っていると思う。
まあ、僕の感じた孤独なんて
大したことないのかもしれないが。

長々と無責任なコメントを書き連ねてしまったが
早く朝一番のニュースが明るいものになって欲しいと思う。

2006年11月14日 (火)

♪フェスティバルコンサート

今日は埼玉県民の日で学校、幼稚園ともに休み。
東武動物公園が子供無料なので
カミさんと娘たちは出かけるらしい。

また、思い出話になってしまうが
中学時代、県民の日は特別な日だった。
フェスティバルコンサートという
市内の学校が集まる演奏会があって
僕の中学では3年生の最後の演奏会となっていた。

1年生の時は初めての本格的なステージだった。
それまでは地元の祭りや
学校の文化祭でしか吹いたことがなく
ステージの照明が
あれほど明るくなることを知らなかった。
曲目はアフリカンシンフォニーと序曲祝典。
後で写真を見たら
一人だけ楽器のベルが異様に下がっていて
非常に恥ずかしい思いをした(笑)。
初めての先輩の引退式で
不覚にも涙したのもいい思い出だ。

2年生の時は
先輩達にこだわりがあったようで
それまで挫折した大曲をやって終わりたいということで
ショスターコービッチの交響曲第五番革命を演奏した。
正直休符が多くて
ステージ全体写真もトロンボーンは休みになっている(笑)。
まあ、あれほどの大曲は後にも先にも
あれ以来やっていないから良かった。

最後のフェスティバルコンサートは
それまで3番しかやらせてもらえなかったのを
無理やり1番を奪い取って(笑)
席もトロンボーンの一番真ん中で吹かせてもらった。
曲は新世界の抜粋版と序曲祝典。
全力が出せた演奏会だったと思う。

久しぶりに中学の同期みんなと会いたいものだ。
懐かしい部室にも行ってみたいなあ。

2006年11月12日 (日)

練習は裏切らない・・・よね?

Ts2a01981 今日もカミさんとスタジオへ。
休憩時間のわが愛器達。
手前がカミさんの使うYSL-6440。
奥が僕の使うYSL-8420・・・だったかな?

娘たちを実家に預けて2時間の練習。
自分のテンポでは何とかできるようにはなった・・・気がするが
インテンポでは細かい部分があやしい。
ま、あとは合奏でなんとかするか。
次は23日の合奏までお預け。

Ts2a0201 ついでに買ってきた今月のヤングギター。
お目当てはこの譜面。
たまにはギターも弾かなきゃね。

2006年11月10日 (金)

♪世界中誰だって〜

♪世界中誰だって〜

かなりボロだが僕の寝間着(苦笑)。

東京ディズニーランドで1度だけ演奏したことがある。

僕の会社はマジックキングダムに入っていて
当時人事部だった僕は会報を見ることができた。
ある時、ミッキーマウケストラという
ミッキーマウスの誕生日に演奏する
イベントがあることを知った。
申し込み用紙もあったので送ると見事当選。
中学の友人でフルート吹きを誘った。
譜面も送られてきたが
「小さな世界」をユニゾンで合奏するようだった。

本番は11月の日曜日。
朝5時に現地集合だったので友人を車に乗せて
まだ夜も明けないくらいに現地到着。
スペースマウンテン近くのイベント会場
(名前忘れた)に入った。
地元の幼稚園から園児が招かれたようで
半分以上はお子様。
楽器もトロンボーンやフルートのような
本格的なものからリコーダーまで
さまざまだった。

何回か合奏したあとは本番まで待機。
さすがに夢の国だけあって
準備中の所は見せてくれない。
会場からは絶対に出るなとのお達し。
それなりに防寒はしたもののやはり寒い。
パンとジュースが出たものの寒さはしのげなかった。

本番の会場に移動する時にテレビカメラがあった。
ウルトラマン80をやってた人と
矢部美穂が一緒に出るようで
間近に見られたのは少しラッキーだった(笑)。

演奏はといえば
全員がユニゾンだったので目立たないし
幼稚園の鼓笛隊がほとんど主役のようで
あまり思い出には残っていない(笑)。

その後、フリーパスをもらったものの朝の寒さで具合が悪くなり
初めてディズニーランドの医務室に
お世話になったというオチがついた。

そのときの衣装がこのトレーナー。
実は貴重品かもしれないが、残念ながらこの状態なので記念撮影と思い出話。

2006年11月 9日 (木)

残り者には福がある?

久々に21時すぎに会社を出た。
他の部署の手伝いだったが、さすがに疲れてきて
ちょっとしたスキにネットを見ていた。
会社のパソコンはフィルターがかかっていて
普段はブログを見ることはできないのだが
この時間はなぜかフィルターがかからず
ブログもオークションも見ることができた。
ちょっとラッキーだった。

…とはいえ、この時間なら家で見た方がいいよな(笑)。

2006年11月 7日 (火)

今朝のニュースから

仁志がトレードとは。
確かにビッグマウスらしいから
原監督とは合わなかったのかな?

それより驚いたのは谷と小笠原。
あれだけ投手が弱いのに
なんで打者ばかり取るのか。
今時巨人に行っても旨味はないと思うが。

よくわからんな。

2006年11月 5日 (日)

♪こんにちは~赤ちゃん~

昨日は会社の先輩でもあるジーヤさんがうちに来た。

近々二世(娘さん)が生まれるということで
うちにあったベビー用品をいくつかもっていってもらった。
会社では大先輩ではあるものの年齢差を感じさせない人柄?で
親しくさせていただいている。
まあ、子育てでは僕のが大先輩なので(笑)。
・・・なんて書いてるとまた突込みが入りそう。

正直、生まれたばかりの頃使うものは
あっという間に使えなくなるものがほとんどなので
いろいろな人と情報交換して使い回しするのがいいと思う。
初孫だったりすると祖父母が頑張ってそろえてくれるので何とかなるものだろうが
僕の場合は、弟が先に結婚、子育てをしていたので
いまだにお下がりをいただいて洋服、道具には困ったことがない。
それとは別に、弟は体格が僕よりも大きいので
弟のお下がりまで僕が着ている状態(笑)。
また、前の上司からも子供服をいただいたりして、かなり助かったこともあった。

ジーヤさん、今度は娘さんと3人で遊びに来てくださいね。

で、今日はカミさんのエアロビ発表会でここまで行ってきた。
この発表会を見るのも今年で3回目。
あまり人前に立つのが好きには見えない我がカミさんだが
実はステージでライトを浴びるのが大好きなのかもしれない。
毎年決まったステージがあるのはうらやましい限り
・・・でも、僕はやっぱダンスには興味ないなあ。
やっぱかかっている音楽の楽器の鳴り方のほうが気になってしまう。

さて、次は上の娘のバトン発表会
下の娘の幼稚園のお遊戯会
大トリは僕とカミさんのオンステージ。

今年は年末まで大盛り上がりですな。

2006年11月 4日 (土)

練習は裏切らない?

Pa0_0002_8 先日の学校での練習後
カミさんが「家でも練習したい」とうれしくなるようなことを言ってた。
で、昨日はスタジオで2時間練習。

ちょっと画像ぼけてるが2人でトロンボーンを吹いているところ。
娘二人はつまらなそうにイスに座っていた。
子供でもスタジオ内に入るときはお金がかかるそうで
今回だけは特別に許可してもらった。
まあ、廊下にいて何かあっても楽器屋さんが責任取れないもんね。

しかし
参考演奏をかけながら吹くと全然追いつかない。
曲が速すぎるのだ。
当日このテンポでやったら吹くマネだけで終わりそう(笑)。

今回、カミさんは僕の使っていた古いヤマハのプロモデル
僕は友人から借りたヤマハの古いカスタムを使うのだが
このカスタムがなかなか鳴ってくれない。
楽器がハズレかと思ったが(笑)
考えてみたらいい楽器はそうそう簡単には鳴らないということを思い出す。

ヤマハの安い楽器は鳴りやすいが響きには限界がある。
BACHなどの高い楽器は簡単には鳴らないけど
響きはすばらしいものがあるとか聞いたことがある。

とは言うものの
高校時代に市民バンドの楽器(ヤマハのカスタム)を借りて演奏したことがあるが
それなりに鳴らせた記憶があるので
やっぱ今は体が追いついていないのだろう。
・・・それともやっぱハズレかな?(笑)。
借りておいて失礼なこと言っちゃいけません(笑)。

スタジオから帰宅して飲んだビールのおいしかったこと!
仕事が終わったあとよりおいしかった。

練習は裏切らない。
地道にやるしかないね。

2006年11月 3日 (金)

百見は一聞にしかず?

百見は一聞にしかず?

百見は一聞にしかず?

久々に譜面入れなるものをカミさんが買ってきた。
二つで100円、良い時代になったもんだ。

タイトル、決して間違いではなく
今回の曲は100回譜面を見るよりも
1回聞いた方が早いということがわかったので
ガッちゃんの格言ということで掲載(笑)。

しかしこの曲
2/2で一拍(二分音符)136位のスピード
しかも上のラの音ですぜ。
現役バリバリの時でも、できたかどうか…。

ま、やったろうじゃないの!

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ