« メトロポリスの片隅で | トップページ | 奏は彼方へ »

2006年11月23日 (木)

そのとおり・・・なんだが・・・

今日は久々の練習日。
他に出演する友人と連絡を取ると
全体を仕切っている代表者からこんなメールが来ていると
転送があった。

(一部改)
~前略~
合奏を見て頂いている先生と相談の結果
今のままでは舞台にのせるには練習時間が少なく
厳しいとの判断に至りました。
しかし、本番まで1ヶ月をきっており
とにかく最善をつくして仕上げていくしかありません。
そこで、追加練習を取り入れることとします。
~中略~
今の時点で今回は全体的に心配事項が多く
OBOGも少し危機感を持って取り組まなければならない状況です。
ステージにのってお客様に聴いて頂く以上は
現役、OBOG関係なく、また責任を誰かに押し付けることなく
みんなが同じだけ苦労して演奏会を作り上げるべきだと思います。
~後略~

確かにそのとおり。
僕はついていくのがやっと。
カミさんは音を出すのがやっと。
とにかくステージに乗れればいいなんて軽い気持ちで臨んでいたが
今まで聞きにいっていた現役のレベルには到底追いつかない。
来場されるお客さまは県大会優秀賞の我が母校を聞きたいわけで
OBOGの演奏がどうしようもないのでは現役に申し訳ない。

思い出した。

第1回の定演の時、顧問の先生が
「OBOGもステージに上げたい、
曲目はOBOGが現役時代に演奏した
ウィーアーオールアローンをやる」と。

定期演奏会ができるようになったのも
OBOGがこの部を作り細々と演奏会を重ね
地道にやってきたおかげもある。
その先輩たちに報いることも必要だ。

OBOGがステージにあがることは異論はなかったが
今まで何度もやってきた曲をやることと
正直演奏のレベルではかなり?劣るOBOGが入ることに
抵抗を感じていた現役時代の僕。
練習に毎週参加すればいいのに
ある程度しか練習に来ないで一緒に演奏するのも
困るなあなんて考えていた。

卒業後、第2回定期演奏会でOBOGに声はかかったが
僕と部長をやっていた友人はステージには乗らなかった。
ま、僕は浪人していて気後れしたというのもあったが。

一緒にやりましょうという言葉を軽く考えて
今回の出演を決めてしまったが
毎週練習といわれても子供の世話もあるし
カミさんは家事もこなさなくてはいけない。

う~ん・・・。

« メトロポリスの片隅で | トップページ | 奏は彼方へ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのとおり・・・なんだが・・・:

« メトロポリスの片隅で | トップページ | 奏は彼方へ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ