« 怖い怖い | トップページ | 結局食べちまった »

2007年7月 8日 (日)

マグネットコーティングの効用と副作用(意味なし)

財務大臣の許可も取れて
晴れてメモリを購入。
ただで入手したエアダスターがあったので
ついでに2年間たまりにたまったパソコン内の
ホコリも掃除しようと考えた。
 
ホコリが舞い上がることも考えてベランダで作業開始。
エアダスターは初めて使うガッちゃんだったが
とりあえずホコリがたまっているところに噴霧すればいいだろうと
気軽にやっていった。
パソコンのカバーは以前TVキャプチャーを取り付けた経験があるので
簡単に取り外すことができた。
冷却ファンのホコリが一杯のところから噴霧。
吹き付けていると気化熱の原理か、缶が凍り始める。
凍ると風圧が弱まるので、少し休憩が必要かと思ったら・・・

一息つこうと思って立ち上がると何かふらふらする。
前日の下の娘の誕生日で飲みすぎたかなと
少し外を見ていたが、気分の悪さは変わらない。
缶の注意書きを見ると
「気分が悪くなったら通気のよいところで安静にしてください」
どうやらガスを吸ってしまったようだ。
おかげで午前中は気分が悪くて寝ていた(笑)。

Qqq_1 そんなこんなで通販で購入したメモリも無事到着して
簡単に装着完了。
画像のとおり認識もOKで2GBの快適な環境ができた。
さて、たまっているビデオの編集をしなくちゃね。

« 怖い怖い | トップページ | 結局食べちまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっ、1GB2枚で行かれたんですね。
めっちゃ快適になるのではないでしょうか。

ホコリですが、ファンの所もさることながら、CPUクーラーのヒートシンクにも注意が必要です。

もし、わずかな隙間で沢山の板が並んでいるタイプのものであれば、その隙間にホコリが詰まって放熱できなくなり、突然ストップエラーになることがあります。

CPUは熱くなってブルー画面を出し、こちらはブルー画面を見て冷や汗をかくというパターンです。
寿命も縮まるし。笑。

今動画編集をやってるんですが
オーサリングの時間は変わらないですね。
会社の人からバイオス調整といわれたんですが
さすがにそこまでの知識はないし。

XPに変えてからブルースクリーンとは
疎遠になってますね(笑)。
MEの時はよく相対してましたが(爆)。
セーフモードで起動してなんて
何回もよくやってました。

ま、編集しながらネットできるから
良しとしようかなというところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグネットコーティングの効用と副作用(意味なし):

« 怖い怖い | トップページ | 結局食べちまった »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ