« ♪さっちゃんはね~さちこっていうんだ、本当はね~(意味なし) | トップページ | 大丈夫か?フランチェ〇? »

2008年11月 5日 (水)

何か無いものかね

入院生活早くも16日目。
いまだに退院の目処たたず(涙)。

10月21日に虫垂炎の手術。
炎症がひどかったために
腹部にドレーン(管)を入れて
滲出液(いわゆる体内の膿)を
外に出すようにしている。

…初めて見たがドレーンは親指の太さくらいある。
抜くとき痛そう(涙)。

滲出液が止まればめでたく退院なのだが
手術後二週間たった今でも
出てくる量は変わっていない様子。
これを外に出さないと腸が動かなくなり
発熱や食欲減退といった症状が出て
腹膜炎を起こすんだそうな。

今のところ、特に投薬などはせず
僕自身の治癒能力だけで回復を待っている状況だ。
抗生物質などを使いすぎると
体内の菌が抗生物質に対して
免疫をもってしまったり
腹部だけの菌なので
抗生物質を飲んだり点滴で入れても
意味がないんだそうだ。

しかし
これだけ時間がかかると
何かしらの対処がないのかと思ってしまう。
治癒能力で二週間もかかっているんだから
今後劇的に良くなるとも思えないし。
素人ながらこの治療法が最善なのか
疑問を感じてきた。
担当医に相談しても同じ答えばかりだし。

何か無いものかねえ。

« ♪さっちゃんはね~さちこっていうんだ、本当はね~(意味なし) | トップページ | 大丈夫か?フランチェ〇? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちなみに、ちょっちょさんは、おでこにできたか掻きこわし(かな?)につばをつけてました。ちょっとばっちー!
でも重役さんも言ってたよ。俺と同じだって。いつ退院できるか毎日不安だったって。医者の検診で、まだだめって言われると、本当に退院できるのかなぁ?って不安だったって。それでも今元気なんだから、そのうち治るでしょ。

ありがとうございます。
なんか厚い雲の中から光が差し込んだようです(笑)。

医者のやり方が間違ってるんじゃないかとか
実は下手な医者なんじゃないかとか
実は違う病気なんじゃないかとか
悪い方にばかり考えることも多くて
不安になっていたんですが
同じようなことがあるとわかって
だいぶ気が楽になりました。

で、掻き壊しの話は何か関連あるんですか(笑)?

いや、その、つばをつけたら治るのではと…。んなわきゃないか!
さて、明日はれいちゃんの2回目の誕生日。早く帰ろっと!!

なるほど。
日本古来のとうちゃんかあちゃん治療ですね。
「んなもん、つばでも付けときゃ治っちまうよ」
…ってそれなら、すぐやってますって(笑)。

そうか、もう2歳なんですね。
この間病院に来てくれた時には
ニコニコして愛想もいいし
大きくなったなあなんて思ったんですが。

お誕生日おめでとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何か無いものかね:

« ♪さっちゃんはね~さちこっていうんだ、本当はね~(意味なし) | トップページ | 大丈夫か?フランチェ〇? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ