« 大丈夫、マイフレンド | トップページ | ♪somewhere over the rainbow・・・ »

2008年11月24日 (月)

♪信じることさ~必ず最後に・・・

信じていれば必ず夢は叶う・・・かな?

昨日はわが母校
ウィンターコンサートの試聴会。
BAR活動休止前のステージになる。
NAOMINが産休になるので
キーボードも見つからないし
たぶん早くても活動再開は3年後だろう。

今回はBAR史上最大の人数になる。
いつものメンバー4人に加えて
トロンボーン2人、バリトンサックス1人
パーカッション4人。
総勢11人の大所帯だ。
曲目は「サルヴァマー(仮)」。
吹奏楽の名曲「アルヴァマー序曲」を
ベースのROOKがサルサ風にアレンジした
名曲(迷曲?)。

・・・リーダーのガッちゃんが
曲名を気に入らないので
ただいま曲名変更申請中(笑)。

昨日、初めてフルメンバーで演奏したが
サポートメンバーのホーン、パーカスは
やっぱり現役に近いだけあってうまい。
しかも、練習しているときよりも
試聴会で観客(現役メンバー)がいた方が
さらにエンジンがかかるので
びっくりだった。

演奏が始まる寸前に
昨日初めて合わせたコンガ担当の男子が
僕に向かって
「サポートでやらせてもらうMACさんの
『12歳下』の○○です。」と挨拶。
現役の前で演奏するので
それでなくても緊張していたガッちゃんは
「あ、僕はMACの『8歳上』のガッちゃんです」。
それを聞いたコンガ担当の男子。
「え?!8歳上?!」
・・・つまり、彼と僕には20歳の差があったわけで(笑)。
ちなみにMACとは今回からBARに加入した
ドラマーで高校吹奏楽部の後輩である。

081123 練習終了後
準備室に懐かしい
楽器ケースがあったので
たまたまテューバを
しまいに来た
現役の女の子に
楽器ケースの中身を見せてもらった。
22年前、僕が高校3年生のときに
新しく購入したテューバ。
さすがに傷やへこみが増えて
ケースもガタガタになっていた。
時の流れってある意味残酷だよね。

しみじみ眺めていたら、現役の女の子から
「テューバの担当だったんですか?」と聞かれて
「このケースの文字は僕が書いたんだ」
「え?!何期の先輩ですか?」
「え~・・・何期かわからないけど
第1回の定期演奏会に出たよ」
「・・・(現役生絶句、笑)」
ま、化石OBなんだろうなあ。

卒業して浪人している頃
ギターの練習を始めて
いつか、ギターで母校の演奏会に
出演してみたいなあ、なんて
思っていたが、22年後に
夢が叶うことになりそうだ。
なかなか感慨深いものがある。
・・・おっと、今年は厄年だから
新しいことをやろうとすると
またなんかありそうだなあ(苦笑)。

今回、キーボードのNAOMINは
お腹の子供と親子2代でステージで演奏する。
たぶん、わが母校吹奏楽部史上初のことだろう。
990515 だがしかし
親子2代で母校のステージに
載ったのは僕が最初のはず。
9年前にステージに上った子供
うちの上の娘なのだ(笑)。
ま、誰もそんなこと気にしてないだろうけど(笑)。

ちなみに僕は部内結婚カップル第2号。

12月23日(祝日)
お時間のある方はこちらまで!

« 大丈夫、マイフレンド | トップページ | ♪somewhere over the rainbow・・・ »

バンド」カテゴリの記事

コメント

なんか、いい感じですね。ガッちゃんがタイムスリップして、なんか、1本映画が撮れそうですね。
ちなみにマエヤクでしょ?

おお!そうでしたね。
来年が本厄でした。

今年は盲腸で厄落としができていれば
いいんですがねえ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪信じることさ~必ず最後に・・・:

« 大丈夫、マイフレンド | トップページ | ♪somewhere over the rainbow・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ