« 雑事諸々 | トップページ | yoh!two! »

2010年11月 3日 (水)

来年のブラスジャンボリーはこれで行きたい!

1ca3a0071
我が愛器
フェンダー「ジャパンじゃないのよ」MEXジャズベース。
1回吹奏楽でベース弾いてみたいのよねん。

・・・でも、主催者に相談って
どうやってすればいいんだろ。
わざわざ電話しなきゃいけないのかなあ。

前にブログでも書いた気がするが
(確かDIONのLOVELOG)
旧店舗でDIONの契約が終わった瞬間に
速攻削除られてしまったんだよね。
なんで、繰り返しになるけど再度書いちゃおう。

かれこれこのベースと出会ってから
早9年が過ぎた。
下の娘が生まれた年だ。
ちょうど生命保険を解約したことで
少しお金があったので
宅録のためにベースを買いたいと
カミさんにお願いして、1万円くらいの
無名なベースを買おうと思っていた。

カミさんは出産直後で外出できなかったので
上の娘(当時4歳)を連れて、聖地「御茶ノ水」の
楽器屋へ行ってみた。
下○楽器で入り口近くにある
ステージでクラッシュするような(笑)ベースを見て
1万円ちょっとのものを試奏させてもらった。
・・・まあ、ベースの音がすれば良いや
なんて思って、買うものを決めたのだが
近くにあったフェンダーのジャズベースが
格安な値札を付けている。
店員さんに聞くとメキシコ製の楽器で
フェンダーUSAと同じパーツを使っていて
組み立てだけメキシコ工場でやっているので
安く販売することができるとのこと(本当か?)。
いい機会なので、試奏させてもらうと
さっきのぶっ壊しベースとは比べ物にならないくらい
同じアンプ、同じセッティングで弾いてもいい音がする。
しかし、値段は3万円台。
もうちょっとお金ためてからだな、と
その時はベースを買わずに楽器屋を出た。

ところが、このベースとはここで別れられなかった(笑)。

僕が試奏している時に、退屈していた上の娘。
店内でおもちゃのラッパを見つけて

Dscf0092
僕も何気なしに「じゃあベースと一緒に買おうか」
なんて軽く約束をしていた。
しかし、前にも書いた事情で、ベースは次回買おうと
楽器屋を出てしまったので、ラッパも買わずに帰ろうとした。
すると、約束が違うと上の娘は大泣き。
何とかなだめようとしても、泣き止まないので
抱っこして帰ろうとしたが、それでも大泣き。
地下鉄の新御茶ノ水駅に続く階段では
娘が泣き叫ぶあまり、僕が誘拐犯のように見えたのか(笑)
周りの大人たちも異様な目で僕たちを見ている。

しょうがないので、カミさんに事情を話して
予算オーバーだが、ベースとラッパを買って自宅に戻った。
そして、このベースとの演奏活動が始まった次第。

・・・え?ラッパだけ買って帰れば良かったのでは?
いやいや、どうせ買うならベースも買わなきゃ(おいおい)。

その後は、隠れ家でデビュー戦
無事果たして、つい先日は会社でも
演奏を披露することができた。
最近はベーシストと化してるガッちゃん。
本当はギターが良いんだけどね。

さて、今まで、自由演奏会やブラスジャンボリーでは
トロンボーンサックスで参加してきたが
ここまできたら、毎回新しい楽器に挑戦しようかと。
で、我が家にある楽器で当日演奏可能なのは
ベースかなという訳で現在検討中。

・・・で、主催者に相談ってどうすりゃいいの?

« 雑事諸々 | トップページ | yoh!two! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年のブラスジャンボリーはこれで行きたい!:

« 雑事諸々 | トップページ | yoh!two! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ