« 鰹のハラス | トップページ | 玉砕 »

2012年10月28日 (日)

やっぱり時代は違うのね(涙)

昨日はまりぞう(上の娘)の家庭教師の契約をした。

僕自身は塾とか家庭教師とは縁のない学生生活だった。
・・・まあ、予備校は行ったけどね。
まりぞうの成績がなかなか伸びないことや
勉強でわからないところを聞かれても教えられない
(ぼ、僕は忘れているだけなんだけどね、苦笑)
こともあり、カミさんとまりぞう、僕とで話し合って
家庭教師をお願いすることにした次第。

営業の人が夕方、我が家に来て話を聞いた。
成績表を見せると、辛らつなことを言われて
ちょっとムッとしたが、まりぞうの話を聞いていると
知識というよりは、勉強のやり方がわかっていなかったようで
勉強したことをテストで発揮できれば、もしかしたら
成績は伸びるのではないかとのことだった。
(営業トークかもしれないが、笑)

最初にも書いたとおり、僕自身が塾へ行かずに
公立高校へ合格できたこともあって
何とかなるか、と思っていたのだが
実際は知識だけでなくて、受験のやり方に
今は独特のものがあるらしく、それは目からうろこだった。

例えば、私立高校を受験する場合
内申書なども大事だが、学校説明会に数多く参加したり
学校外の学力テストの志望校に、その学校の名前を書いて
「私はこの学校に、これだけ関心があるんだよ」という
アピールをしないといけないとか。
(営業の人曰く『ポイントカード制』、苦笑)
そんなこと、僕の時代にはなかったもんなあ。

うちの甥っ子や姪っ子が受験の時に
弟のカミさんが大変な思いをしていたと
聞いてはいたけど、他人事だと思って全然意識していなかった。
・・・まだまだ、甘いね(苦笑)。

それ以外にも、学力テストの答案を初めて見たが
意外と空欄が多いことに驚いた。
ウソでも何でも何か書かないと得点になるかわからないのに
やっぱりテストのやり方にも問題があるんだろう。
これからは家庭教師に勉強の指導は任せてください
と言われたので、後は親としては励ますだけだね。

ちなみに、かかる費用は約5万円/月。
来年3月まで5ヶ月で25万円。
・・・キツいね(苦笑)。
まあ、今まで勉強の費用はかけていなかったから
やむを得ないといえば・・・。
親としては何とかしないといけないよね。

何をどうやって節約しようかなあ。

ま、気分を切り替えて、今日は予選会頑張ってこよう!

« 鰹のハラス | トップページ | 玉砕 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり時代は違うのね(涙):

« 鰹のハラス | トップページ | 玉砕 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ