« 面白い風景 | トップページ | なぜか最終日は残念なことが(涙) »

2020年5月16日 (土)

最終日に朝から笑った

あ、笑ったというのは悪い意味ではないよ。
意表を突かれて笑ってしまったという話。

Dsc_5921_201
昨日は朝から新聞記事を読んで
残念だなあと思ったり。

我が家は皆、吹奏楽コンクールを
卒業したから影響ないんだけれどね。
やっぱり複雑な思いだよね。

で、笑ったのはその事ではなくて。

僕が吹奏楽を始めて、いまだに好きな曲は
コンクールの課題曲の他にもう一つ。
ポップスをアレンジした名作ぞろいの
ニューサウンズインブラスがある。

…上の記事を探していたら思い出したが
岩井先生が亡くなったのも6年前の
今頃だったんだねえ。

今朝、Facebookを見たら今年の
ニューサウンズが出るという話があって
そのラインナップの一つに、この曲が。

えー?!まさか?!
なんで今、この曲が入るの?
想定外で笑うー!

原曲はキングクリムゾン(クリームソーダではない、笑)ですよ。

プログレを吹奏楽でやるのー?!

僕が大好きなニューサウンズだが
中にはアレンジが僕の好みに合わないのもある(涙)。

一番は、これ。

 
結婚した年に銀座の楽器屋へ行ったらCDが売っていて
僕の好きなパープルじゃないか!と喜び勇んで購入。
家に帰って聴いた瞬間の驚き(コレジャナイ感)は
今でも忘れない(苦笑)。

なっぴいの高校時代は重要なレパートリーだったらしく
何回も繰り返し聴いたことで耳慣れはしたけどね。

現役時代にもあったな。

 
偉大なる久石譲先生の作品に僕のような若輩者が
意見するなんて、とんでもない事なんだけれど
どうやったら、キングオブポップがこのアレンジに
なるんだろうという感じ。

ジブリっぽくしたかったのかな?

納得できるのもあるんだけれど。

 
僕は原曲から入ったので、このアレンジも
違うんだよなーと思っていたのだが
なぜかハマってしまい今では問題なく
演奏することもできる。

 
こっちもやってみたいね。

話は戻るがクリムゾンの曲は聴いた感じだと
アレンジに僕の違和感はなさそう。
途中テンポが変わったりブレイクがあったりと
現代曲好きな団体なら楽しめるかも。

ただ、曲名紹介が難しいかなあ。
「21世紀の〇神異〇者」だもんねえ。

さて、今日は1日雨だし(レイニーズバンザイ、笑)
51歳最後の日は、まったりしてようかな。

« 面白い風景 | トップページ | なぜか最終日は残念なことが(涙) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白い風景 | トップページ | なぜか最終日は残念なことが(涙) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ