« 紆余曲折があっても良いのだ | トップページ | 8耐リタイアと宝探し »

2023年12月 3日 (日)

一流?が超一流を知る?

Dsc_1026_715
昨日は久々の(中まで入ったのはね)
さいたまスーパーアリーナへ。

Screenshot_20231202
これを観に行ってきたのよ。

テレビなんかで超一流の
ステージをやっているとは
聞いていたので、一流の僕が
そのステージを観に…(強制終了)。

Dsc_1024_715
新都心駅周辺は
クリスマスムード満載で
なかなか気持ちが
盛り上がったね。

Dsc_1023_715
コンサート前には軽く
お腹を満たしておこうと
いつも見るだけで通り過ぎていた
ハワイ系のお店へ入ってみた。

Dsc_1016_715
メニューからして
ハワイ感いっぱいだったね。

Dsc_1017_715
壁に飾ってあるものも
ハワイの雰囲気がいっぱい。

Dsc_1019_715
ハインツのケチャップと
マスタードもこんな形で
かけ放題(笑)。

Dsc_1021_715
軽くのつもりがSサイズで
結構な量が出てきてびっくり(笑)。
これもアメリカンサイズと
言うのだろうか?

コンサートの方は、てっきり
この季節なので恋人が
サンタクロースなんかの
季節ものをやったり
するんだろうと思っていたが大違い。

JOURNEYというツアータイトルに
基づいてステージセットは
海賊船になっているし
テーマに沿ったダンスや照明
プロジェクションマッピングで
背景を変えたりと感動的な
視覚効果を観ることができた。

Dsc_1030_715
席に置いてあったフリフラという
腕時計のような小道具で客席も
照明効果を演出したり。

手に持って振るだけで
照明効果の一部になれて
コンサートに参加したような
気になったのは初めてだね。

知っている曲は少なかったものの
僕の好きな「埠頭を渡る風」が
流れて感動した。

最近はキーが下がって原曲と
比べるとイマイチかなあなんて
思っていたが、今現在のユーミンの
曲として全然違和感を感じることなく
素直に聴くことができた。

僕にとって最高だったのは
アリーナ席でユーミンの表情や
生声が聴けたのも良かったが
ギタリストの指先まで見えたこと。

今回は限定参加で鳥山雄司さんの
演奏を聴けたのだが僕好みの
ハードな音が多くてステージの
演出よりも鳥山さんのギターを
観ている時間が多かったと思う(笑)。

やっぱり超一流のギタリストは
テクニックの数が半端ないね。
速弾きでなくタッピングハーモニクスや
ミュートしながらのフレーズが
印象に残った。

隣の席のおじさんは奥さんに連れられて
コンサートに来たような感じだったが
メンバー(海賊船の乗組員)紹介で
ギターが鳥山さんと知ると結構
興奮していたようだった(笑)。
…僕は顔を見た瞬間にわかってたけどね(笑)。

夫婦で参加している人や
女性二人組の参加者が多くて
年齢層も僕ら世代が多かった。

アンコールの拍手がさざ波のように
静かだったのは少し笑えたけど(笑)。

書いたこと以外も色々と
印象に残ったことはあったけれど
これ以上書くと長くなるので
やめておこう(笑)。

Dsc_1028_715
入場前には値段を聞いて
買うのをやめようと思っていた
ツアーパンフも終演後に
しっかり購入した。

家でカミさんが見て
ドラムの小田原豊さんが
元レベッカと気づいたのは
さすがだったね。

サックスでは小林香織さんが
参加していたようだ。

超一流のステージを観て
ハンパな似非一流…?な
ガッちゃんに影響が出たら
凄いんだけどなあ(意味不明)。

Dsc_1011_716
今日はまりぞうのお迎え。

川越まで下道で1時間45分
高速で1時間弱。

意外と近いものだね。

Dsc_1010_716
途中で見えた夕焼けの富士山。
橋の上はもっときれいだったけど
残念ながら止まって撮影できず。

さて、今年もあと少し。
壮大な残務があるけれど
終わらせて新年を迎えたいね。

« 紆余曲折があっても良いのだ | トップページ | 8耐リタイアと宝探し »

音楽」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紆余曲折があっても良いのだ | トップページ | 8耐リタイアと宝探し »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ